コンテンツへ移動

4つの宿場を巡る中山道 木曽路ハイキング一人旅(福島の関編)

 

今回は、この木曽路旅でも一番心に残った福島の旅をご紹介します!

 

 

 

  • AM7:30

 

おはようございます。朝からシャンシャンと鈴の音で目が覚めます。

 

木曽路旅二日目ですが前回までの旅路はこちらから>>その一(馬籠)その二(妻籠)

 

 

 

 

PA030187

 

今回宿泊させていただいた おん宿蔦屋さんの一人部屋からの景色はこんな感じでした。

この目の前の大手橋を渡って登校して行く、小学生のクマよけ鈴の鈴の音で目が覚めました。

 

朝食は昨日コンビニで買った、うどんとホットコーヒーと言うバランスの悪い組み合わせをそそくさと食べて、本日も出発しますか!

 

 

  • AM8:00

 

さて旅の2日目は福島の町並みを散策します。電車の出発時間がAM11:04ですので、それまでに回われる箇所を散策します。

 

IMG_5779

 

旅館の仲居さんからマップをいただきまして、訪れることが出来そうな場所を教えてくださったのでとても助かりました。

 

さて出発!の前に荷物が多く大変なので、宿から自宅へボストンバックを荷物宅急便にて送ってもらうことにいたしました。

これで本日も身軽で歩くことが出来ます!

 

まずは木曽福島の名所である福島関所跡へ向かうとします。

 

宿から約700メートルですので、さほど遠くはございませんが、

PA030190.jpg

 

木曽福島の町は急峻なV字谷状地形です。

 

木曽川を挟みこのような随所にある階段をてくてく登ります。これが結構きつい(><)

 

PA030199

 

さて、階段を登りきると、福島の街並みが綺麗に見渡せました!

 

PA030195

 

そして進んで行きますとまず見えるのが、

 

PA030194

 

高瀬資料館。今回はここには訪れませんでしたが、この資料館は、高瀬家と言う代々木曽代官山村氏に仕えてきた江戸時代の武士の家を資料館として開放されてます。

 

また、薬「奇応丸」を製造していた武士とも知られ、島崎藤村の姉が嫁ぎ、小説「家」のモデルとなった旧家です。

 

その高瀬家から少し歩くと福島関所へ到着いたしました。

 

PA030196

 

この福島の関所は、4大関所と言われております。

 

4大関所とは、箱根、新居、碓氷、福島の四箇所の関所のことを差しますが、特徴は関所としての規模もありますが、厳しさが半端なかったと言われています。

 

 

PA030215

 

江戸時代に入り徳川家康が天下を治めるに当たって、特に力を入れて取り締まりを行った4大関所ですが、特に福島関所は創設以来約270年間、中山道の要衝として「入鉄砲」(江戸へ入る武器)「出女」(大名の人質が国元へ逃げ帰るのを監視)を取り締まった重要な関所でした。

 

 

 

内部は資料館として様々な展示物や資料があります。

 

PA030211

 

受付の管理人のおばさんがとてもお話好きで、関所の歴史からオイラの電車の出発の時間で回れそうなコースを丁寧に教えていただきましてとても助かりました。ありがとうございます。

 

やはり、直にお話を聞くと特に記憶に残りますし、何より資料や展示品を見るよりも興味深く聞き入りました。

 

 

しかし、少々話が長くなってしまい、次へと散策開始です。

 

 

  • AM9:30

 

 

次は、木曽川を渡って興禅寺前を通り、山村代官屋敷へと向かってみます。

 

先ほど登って来た階段を降りて木曽川の対岸へ

 

PA030218

 

昨夜、泊まった宿からこの木曽川の流れの轟音が一晩中聴こえていたんですが、最近の台風&大雨で水量がかなり増えている様子。

 

 

  • AM9:50

 

PA030220

 

時間も心配になって興禅寺は参入せず、少し早歩きで山村代官屋敷へと向かいました。

 

ここは「ぜひ行かれたら良いよ」と先ほどお話しさせていただいたおばさんにもおすすめの太鼓判を押されたので訪れました。

 

 

PA030223

 

江戸幕府の旗本としてこの木曽谷の地を治めていたのが山村氏であり、先ほど訪れた福島関所の関守も兼ねてました。その山村代官のお屋敷です。

 

 

PA030225

 

関所とは反対側の高台に聳る立派な門構えの屋敷は、風情がありますな。

 

 

PA030226

屋敷にたどり着くまでの石畳の回廊と、木曽らしい気高し木々が何とも趣があります。

 

PA030229

 

 

入り口でございます。屋敷内は美しい庭園が広がり、江戸時代のこの地での旗本の暮らしぶりを感じられる品々が展示されております。

 

 

オイラが特に感激したのは景観ですなー(*’▽’*)

気品高い庭園に、高台から望む木曽の山並みと福島の街並みが一望できる背景。

庭園と木曽の街のコラボレーションです⛰

 

尾張藩から木曽の地を収めた山村氏は、今でも福島の人々に語り継がれており、やはりカリスマ代官だったことがひしひしと感じられます。

 

 

 

  • AM10:30

 

さて、長居してしまったぁ。。

 

少し電車の時間やばいっすー。

 

 

と言う訳で、ここからは競歩的に歩いて町並みを散策。今も残る福島宿を通り、駅まで向かいましょう。

 

PA030251

 

行人橋を渡ると、勢いのある木曽川の横には崖家造りの家屋が立ち並びます。

 

PA030253

 

橋の袂には公園があり、足湯がありましたが今回は豪雨の影響などで止まってました。

 

 

 

PA030254

 

福島の町は、本当に険しい谷に沿って作られまして、街は階段だらけです。

 

PA030255

 

しかし、平坦な街並みではなく、高低差があり混沌とした感じがまた、面白いです。

 

 

 

 

 

今も旧街道の昔の雰囲気が残る「上の段」に到着です。

宿場であった上町・下町は昭和2年の大火で焼失し、現在では古い建物はほぼ残されていません。

 

PA030259

 

ただ、地形や道路から往時をしのぶことができます。

昨日訪れた、馬籠宿、妻籠宿に比べてものすごく静か。

 

こういう雰囲気がいい感じです。

 

 

街並みを歩いているとふと、よく訪れた有馬温泉を歩いている感じになります。

 

PA030269

 

宿場町を抜けて、結構長く続く階段を抜けますと、

 

PA030271

 

電車道に出ました。ここからはもう駅までは近いはずです。

 

PA030272

 

今一度、木曽福島の街並みを目に焼き付けます。

 

 

  • AM11:00

 

 

駅に到着したのは出発分前、、、結構ギリギリでございました。

 

PA030279

 

いやー。良かったです!木曽福島!

今回の旅で一番心に残った地です。

 

さて列車に乗って、次の宿場町へlet’s go!

 

<次回 中山道最長の奈良井宿に続く>

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。