コンテンツへ移動

アートアイランド直島の旅

今回の記事は筆者の嫁の旅ログです。どうぞよろしくお願いします(*- -)(*_ _)ペコリ

 

8月もお盆休みを過ぎた某日、友人と一泊二日で直島へ行ってきました。

 

直島とは、瀬戸内海にある小さな島です。

 

 

地図で見ると岡山県の島のような位置にありますが、香川県の島です。

 

直島へは昔々、まだまだアート感が全く無い頃に学校の合宿で訪れたことがありました。

ここ10年ほどで、面白い観光の地に様変わりし、行ってみたいと思っていましたが、家族の賛成を得られず、意識も遠のいていました。

 

ですが、せっかく思いたったしもう子供も大きくなったし、行ってみる!思い立ったが吉日です。

 

 

 

 

 

という事で朝、娘が学校へ行くのを見送ってから出発しました。

 

 

IMG_4388

宇野港からフェリーで20分だそうです。

 

 

私、実は大学時代香川に下宿していたのですが、良く宇野港から香川へ渡ってました。

その頃の宇野港とは、全然違ってる!

IMG_4383

 

いきなりアート作品が展示されているではありませんか!

宇野港、直島押しですね~

 

IMG_4386

「宇野のチヌ」

IMG_4387

「宇野の小チヌ」

なんと、口から入って滑り台で尻尾へ出られます。

 

 

 

 

昔と変わった宇野港に驚きつつ出発いたします。

 

 

 

本当は車は宇野港に置いて、現地では自転車で移動したかったのですが、

天気予報は雨。雨の中自転車もキツいだろうと考えて、車と共に渡りました。

 

最近の山陰家族旅行も台風で雨。家族旅行は何かと雨が多かった。

そうです、私が雨女だったのです。

 

結果的には大半は雨は持ちこたえて降らずで、後半に小雨程度で済みました。

 

 

 

 

フェリーに乗り込み約20分で宮浦港に到着。

ここのエリアは後でゆっくり見る事にして、車で10分ほどの本村エリアへ。

 

IMG_4389

車を停めて歩いてみました。直島港ターミナルですら、アート。

FRPで出来ているとの事です。

車のエアロの素材と同じです。

 

 

 

このエリアで行ってみたかった、玄米食のご飯屋さん「あいすなお」へ。

 

IMG_E4391

 

瀬戸内国際芸術祭は、先日終わったところですが、このメニューのみでした。

 

 

 

IMG_E4392

 

お肉、魚、卵、乳は使ってないとの事です。

玄米と小豆のごはん。私はこんなん大好きです。

こんなん大嫌いなマースファミリーの男子二人、ここに居なくて

良かった!

 

 

 

次は、家プロジェクトエリアへ。

「本村地区は戦国時代から現在に至るまで島の政治的宗教的役割を担う地区であり、古い家屋二年を超えるはものもあります。

ここに点在していた空き家を改修しアーティストが空間そのものを作品化しました。」

 

撮影禁止なのであまり写真がありません。

行った順番は、南寺→碁会所→石橋→角屋→護王神社→はいしゃ でした。

 

次は、車でつつじ荘の駐車場に停めて、無料のシャトルバスに乗り換えて、

地中美術館に向かいました。

 

 

ここは15時45分に予約をしていました。

バスまで時間があるので、近くにある、とにかく有名なここへ。

 

IMG_E4395

 

これこれー!毒々しいかぼちゃ!

近くにいた案内所のおじさんによると、今日はとても人が少ないとの事。

いつもは(芸術祭中ですかね)すごい人で、ごったごったしているとのことでした。

そんな日でも誰かかれかがかぼちゃと共に記念撮影をしていますが、かぼちゃ単品で撮る事が出来ました。

 

 

IMG_E4396

「チケットセンターから地中美術館の入口までに「地中の庭」があります。

クロード・モネが愛した草花や樹木、池の水面は季節や時間によって刻々と表情を変えます。モネが描こうとした風景から地中美術館の鑑賞体験は始まります。」

 

 

IMG_E4397

入口です。

これ以降、またまた撮影禁止です。

 

去年行った金沢21世紀美術館に似ているなと思ったものもありました。体験型のものは、私には何も感じるものがありませんでした。

芸大生風のおねえさんは、しゃがんだり立ったりして何か感じるものがありそうで・・・焦ります。

分からないなりに、じっくり鑑賞しました。

 

帰りのシャトルバスは、ベネッセハウスミュージアム下で下車して、無造作にそこいらに存在しているアート作品を鑑賞。

 

ここは撮影禁止では無かったのに、美術館に居た癖で、全く写真を撮り損ないました。

 

晩御飯は、宮浦エリアへ。お腹が空いていたので、「I♡湯」の銭湯はパスしてしまいました。

 

IMG_4407

なんせどこの店も閉店時間が早いのです。

せっかくなので新鮮なお刺身が食べたかったのですが、入った店はあまりやる気が無く、刺身も焼き魚も煮魚も今日はできないとのこと。

もう一軒は22時まで開いているはずなのに、閉まっている!

 

芸術祭が終わってやれやれなのかもしれません。

平日ですし。

気を取り直して、ライトアップされている作品を見に行きました。

 

IMG_E4404

これも有名な赤かぼちゃ。中に入れます。

IMG_4403

中は、赤と白の水玉ライト。

ここへは次の日の朝も行ったのですが、このライトが可愛くて、夜も見に行くのがお勧めです。

 

IMG_4409

直島パヴィリオン。ここも中に入れます。

 

 

 

 

次の日は10時50分のフェリーで帰ります。

 

 

高松行のフェリーは水玉です。

 

IMG_4410

 

IMG_E4411

 

フェリーから見た赤カボチャ。

またまた金沢の美術館でもあった椅子も!

絵になるな~。

 

 

アート、実際のところ私には難しかったです。

でも楽しくて有意義な時間になりました!

 

これで仕事も頑張れます。

 

長々となりましたが、読んで下さりありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ

にほんブログ村 旅行ブログ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2件の返信 »

  1. はじめまして(^^♪
    すごいアートの街なんですね。かぼちゃ、草間弥生さんでしたっけ?水玉模様。
    イノシシやお魚のオブジェすごいですね~。一瞬、内臓かと思っちゃいましたよ(^^ゞ
    精進料理もおいしそうです(^.^)
    瀬戸内海のあたり、一度も行ったことないんですよ。ますます行きたくなりました(*^^)v

    いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。